映像職人マエカワマサトのサイト

ディレクターはキャッチャー?!

映像制作スタッフを野球のナインにたとえると

キャッチャーピッチャーはカメラマンだと思います。
あくまで映像として記録されるのはカメラマンが撮っている「絵」なのです。

私のようなディレクターは、いわばキャッチャーの役割です。
キャッチャーは「司令塔」とか「グラウンド上の監督」と言われます。
ピッチャーに対しては、キャッチャーはリードする立場です。
サインで次に投げる球を指示しますが、これと同じような関係がカメラマンとディレクターの間にあります。

見ている方向がちがう

もうひとつ。ディレクターがキャッチャーだと思うのは、ひとりだけ別の方向を向いているところです。

内野手、外野手、そしてピッチャーはすべてホームベースの方を向いてプレーをします。
一方、キャッチャーはひとりスタンドの方を向いてプレーをするのです。

カメラマンをはじめ、映像制作スタッフはすべて、制作にかかっている映像に集中して作業をしています。
ディレクターはそれと目的を共有しつつ、作り出された映像がもたらす使用メリット、ビジネス上の効果を見ています。

これはキャッチャーがバッターとほぼ同じ方向を向いているのと似ています。
バッターはいわばクライアントです。

監督はプロデューサー

ちなみにディレクターはよく現場で「カントク」と呼ばれることがありますが、野球の監督とはまったく違います。
野球チームの監督は、映像制作の現場でいえばプロデューサーだと思います。

キーワード検索

Q&A

Q. あなたは、何者ですか?
A. マエカワマサトと申します。
大阪に住んでいます。
映像制作にたずさわって、30年余。
制作する映像の分野としては、企業・官庁の発注する、広報・宣伝映像、イベント映像が主です。
職種としては、企画、シナリオ作成、演出、ビデオ編集、モーショングラフィックス制作などを中心にやっております。
実態としてはディレクターなのですが、守備範囲が広がりすぎてしまったため「映像職人」を看板にしております。

続きを読む

RSS 映像職人”舞”録`(Blog)

90セカンズ

最新ツイート