映像職人マエカワマサトのサイト

内容はクライアントに、表現はクリエーターに

 最近の経験からひとつお話しします。

知り合いの映像制作会社から「編集とグラフィックスだけ」という仕事を引き受けました。普段私はディレクターとして活動しているので、こういう引き受け方はイレギュラーです。
その会社が、うらやましいことに仕事が詰まっていて、どうしても一部の仕事を外注しないといけなかったようです。

編集マンとしてのお仕事ですから、内容について口を出すべきではないのかもしれませんが、そこは私のことですから、ディレクターの方にいろいろと意見はいいました。

特に、シナリオが話し言葉としてこなれていないと思ったので、そこは積極的に「こうすべきでは?」と意見を申し上げて、いろいろと採用していただきました。

それで、ある程度かたちになったと思った段階で、クライアントが上司にお見せになったようです。すると、上司の方がいろいろ指示をされたようで、数多くの修正指示がやってきました。

それが、よりわかりやすい方向に向かったのなら、私としても別に何もいうことはないのですが…。

どう考えても、わかりにくい方向に向かったとしか思えなかったのです。企業としては、いろいろと発信しなければならない情報もあるのでしょう。でも、「ここでそれを言うべきか?」と疑問に思うような部分が多々ありました。

この仕事では私は黒子でしたが、自分がディレクターをつとめていたのなら、いろいろと申し上げることはあったでしょうね。

表現すべき「内容」はあくまでクライアントがお決めになることです。しかし、たとえばナレーションといったような「表現」は、クリエーターにゆだねたほうが結果として伝わるものになると思います。

伝わらなくても言っておかねばならない? 上司の手前?
はぁ、失礼いたしました。制作費をドブにお捨てになるとおっしゃるのなら、それもクライアントの判断です。

キーワード検索

Q&A

Q. あなたは、何者ですか?
A. マエカワマサトと申します。
大阪に住んでいます。
映像制作にたずさわって、30年余。
制作する映像の分野としては、企業・官庁の発注する、広報・宣伝映像、イベント映像が主です。
職種としては、企画、シナリオ作成、演出、ビデオ編集、モーショングラフィックス制作などを中心にやっております。
実態としてはディレクターなのですが、守備範囲が広がりすぎてしまったため「映像職人」を看板にしております。

続きを読む

RSS 映像職人”舞”録`(Blog)

  • 「#べっぴんさん」をみた 2017年4月1日
    「べっぴんさん」も最終回を迎えた。 半年間みてきて、感想を一言いうと「薄い」。 ... Copyright © […]
  • 「百円の恋」をみた 2017年3月30日
    安藤サクラ主演。 自堕落にパラサイト生活を生きていた女が、自活し、恋をし、ボクシ ... Copyright […]
  • 「メガマインド」をみた 2017年3月29日
    アメコミ風の世界観のアニメなんだが、なんと主人公がヴィラン(悪役)という趣向だ。 ... Copyright […]
  • 「増山超能力師事務所」をみた 2017年3月27日
    読売テレビ制作の深夜ドラマ。ココリコの田中直樹がお笑いなしで主演をつとめている。 ... Copyright […]
  • 「大空港2013」をみた 2017年3月26日
    Amazon Primeビデオでたまたま見付けた三谷幸喜脚本監督のWOWOW単発 ... Copyright […]
  • 「カルテット」をみた 2017年3月22日
    今クール、もっとも見ごたえのあったドラマかもしれない。 公式サイトには「ほろ苦く ... Copyright […]

90セカンズ

最新ツイート