映像職人マエカワマサトのサイト

Blackmagic Design Fusionの基本(1)

何の変哲もない4面割ですが

何の変哲もない4面割ですが

取り出しましたるは単なる4面割の画面。小画面はそれぞれ40%の大きさにして、背景として青のグラデを敷きました。これをFusionで作ってみたいと思います。

いや、これくらいEDIUSやPremiereなどのノンリニア編集ソフトでもちょちょいと作れるものですが。

基本4面01

こんな感じになります。

上にふたつプレビュー画面があってノンリニア編集ソフトを思わせますが、それ以外はほとんどなじみのない画面構成ですよね。

Fusionのキモはプレビュー画面の下にみえるノード群(Flow windowと呼んでいます)です。

基本4面02

 

何がなんやらわかりませんか?そうですか。

ではここで、After Effectsでこの4面割を作った時の画面をご覧いただきましょう。

After Effectsだとこうなる

After Effectsだとこうなる

少しはなじみがありますかね?一番下にグラデーションのエフェクトをかけた平面レイヤーがあり、その上に4つの映像のレイヤーがあります。映像レイヤーのサイズや位置はプロパティで調整してありますので、レイヤーのプロパティを広げないと見えてきません。

プロパティを広げるとこう見える。

プロパティを広げるとこう見える。

広げてみると、ここに設定してあるわけですね。

さてFusionに戻ります。やってることは同じですが、表現が違います。

それぞれのノードの機能を書くとこうなる。

それぞれのノードの機能を書くとこうなる。

一番左の列はLoaderというツールで素材を読み込んでいます。素材の読み込みといった基本的な機能にもツールを使うのがFusionの流儀です。

次にTransformというツールで各面の位置とサイズを設定しています。AEだとプロパティで出来ちゃうのですが、こういった基本的な変更もわざわざツールを使って明示的に行なうのがFusion流です。

次に、一番下にグラデ背景を作るBackgroundというツールがあり、その上にMergeというツールが4つ縦に並んでいます。背景はわかるにしても、MergeというツールはAfter Effectsにはありません。

Mergeというのはアルファマットがらみの合成を行なうツールです。AEだと、レイヤーを重ねていれば、透明部分は透けて下のレイヤーが見えますので、意識する必要がありません。AEはもともとアニメーションの撮影台にセル画を重ねるイメージで作られているのでそうなっています。

Fusionでは、Mergeというツールでひとつひとつ合成していることを明確にあらわします。

merge

ここで注意しなければならないのは、MergeにはBackground(背景)とForeground(前景)の入り口があり、つなぎ方によって違った結果になるということです。

基本Fusionのノードは三角が入力、四角が出力の端子になっているのですが、Mergeではオレンジの三角が背景の入力端子、グリーンの三角が前景の入力端子となります。他にパープルの三角もあり、これはエフェクトマスクを入力するものらしいですが、私はまだよく使い方がわかりません。

なので、背景をオレンジ三角(背景入力)につなぎ、Transformの出力をグリーン三角(前景入力)につなぎます。二個目以降のMergeでは、ひとつ前のMergeの出力(合成結果)を背景につないで、次々と合成をしていきます。

ちなみに、Fusionの画面には、標準状態で上にふたつのプレビュー画面がありますが、そこにどの段階の絵を出すかは、各ノードの下にマウスカーソルを持ってくと出てくる三つのドットをクリックすることによって選択できます。

プレビュー選択

左のドットをクリックすると白くなって左のプレビュー画面に、真ん中のドットをクリックすると右のプレビュー画面にその段階の絵が表示されます。右側のドットは、Blackmagic Design製の映像出力ボードに絵を表示させる選択です。(ボードが入ってないとどうなるのか、はわかりません。ドットが二つになるんですかね?)

ちなみにプレビュー画面はいくつでも増やせます。そのたびに並んでいるドットの数が増えるようです。

で、元へ戻って、最後のMergeツールからSaverというファイル出力のためのツールに接続されています。このツールがないと、合成結果をAVIファイルなどに書き込めません。Saverはいくつでもつなげますので、合成結果をAVIとMP4に同時に出力、といったこともできます。

ところで、最初にお見せした縦並びのノード画面。これはAEと対比しやすいようにわざと縦に並べてみたものです。一番下に背景があって、その上に上にと重ねていくイメージですね。

本当のFusionの流儀だとこうなります。

移動4面01

ノード部分をアップにすると、こう。

移動4面02

基本、左から右に処理が流れていくイメージですね。

こちらのほうが縦の幅もとりませんし、見やすいですね。

ちなみに、このノード、見やすいように広げてあるんですが、追加した時はもっと細長いイメージです。右クリックして「show→show tile picture」すると縦に広がります。

だいたいノードベースのインターフェイスとはどんなものか、おわかりになりましたでしょうか?

 

タグ:

キーワード検索

Q&A

Q. あなたは、何者ですか?
A. マエカワマサトと申します。
大阪に住んでいます。
映像制作にたずさわって、30年余。
制作する映像の分野としては、企業・官庁の発注する、広報・宣伝映像、イベント映像が主です。
職種としては、企画、シナリオ作成、演出、ビデオ編集、モーショングラフィックス制作などを中心にやっております。
実態としてはディレクターなのですが、守備範囲が広がりすぎてしまったため「映像職人」を看板にしております。

続きを読む

RSS 映像職人”舞”録`(Blog)

  • 「清須会議」をみた 2017年6月19日
    三谷幸喜が原作・脚本・監督を手がけた歴史もの映画。 織田信長が本能寺の変で殺され ... Copyright […]
  • 「リバース」をみた 2017年6月17日
    今まで見たことがない藤原竜也。 これまでドラマでみた藤原竜也は、どっちかというと ... Copyright […]
  • 「CRISIS ~公安機動捜査隊特捜班~」をみた 2017年6月14日
    関テレ制作、小栗旬と西島秀俊のダブル主演の警察ドラマ。 ただし、警察といっても刑 ... Copyright […]
  • 演者と作品は切り分けるべきだ 2017年6月8日
    またか、と思った。 小出恵介の無期限活動停止でNHK、日テレが大打撃 〈週刊朝日 ... Copyright […]
  • 「#ひよっこ」のここまで 2017年6月8日
    朝ドラにはパターンというものがある。「過去の有名な女性をモデルにした一代記」とい ... Copyright […]
  • 「火花(Netflixドラマ)」をみた 2017年5月2日
    何事であれ、ドラマで「仕事」を描くのは難しい。たとえ、それが「お笑い」という仕事 ... Copyright […]

90セカンズ

最新ツイート