映像職人マエカワマサトのサイト

パターン化した仕事をしないこと

picjumbo.com_IMG_9747ぽつぽつと私の考えていることについても書いていきます。

私がいつも心がけていることのひとつに「いつでも最初から考えよう」ということがあります。

これは、パターン化した仕事のしかたをしないこと。

ちょっと経験を積んでいれば、仕事をパターンで捉えがちになります。

たとえば会社案内ビデオの発注を受けたとしますね。世間によくある会社案内ビデオのフォーマット、そういうものに当てはめて考えがちになります。
類型があれば仕事にしやすいですからね。メーカーさんであれば、代表的な製品を紹介するコーナー、工場を見せるコーナー、歴史を訴えるコーナーなどを適当に配置して、オープニングをカッコよくしてあげれば、それなりに仕上がります。

最初に設計図があって、そこに当てはめるようなものです。
いわば、思考のテンプレート。

 

でも、よく考えてみてください。会社はひとつひとつ違いますよね。

その会社のもっともアピールしたいところは何でしょう? たとえば技術力? 技術といっても、技術開発力と生産技術力はちがいますよね。

テーマは毎回違うんです。パターンに当てはめて考えたら、そういった違いが死んでしまう。

だから、手間がかかっても「いつでも最初から考えよう」と思うんです。

経験を積んだ目で会社を見てあげると、「この会社はここがすばらしい」「この会社はこういうところをアピールしてあげると魅力的にみえる」というのが見えることがあります。

そこから考え始めるんです。そして一件一件オーダーメイドで考えてあげよう。
それが私のやり方です。

そうはいっても、ついついこれまで経験してきたパターンに押し込んで考えがちになるもので、そこは自戒です。

 

キーワード検索

Q&A

Q. あなたは、何者ですか?
A. マエカワマサトと申します。
大阪に住んでいます。
映像制作にたずさわって、30年余。
制作する映像の分野としては、企業・官庁の発注する、広報・宣伝映像、イベント映像が主です。
職種としては、企画、シナリオ作成、演出、ビデオ編集、モーショングラフィックス制作などを中心にやっております。
実態としてはディレクターなのですが、守備範囲が広がりすぎてしまったため「映像職人」を看板にしております。

続きを読む

RSS 映像職人”舞”録`(Blog)

90セカンズ

最新ツイート