普段なにげなくやっていることでも、改めて他人にわかるように書くことは難しい。
この講座もいろいろと考えてはいるのですが、なかなか筆が進みません。
ぼちぼちと進めていきますので、あしからず。

「家を紹介する」にたとえてみよう。

前回、「映像には映像の論理があるので、文章の論理でシナリオを書いてはいけない」ということを書きました。
この「映像の論理」についてなかなかいいたとえ話が浮かびませんでした。

ひとつ思いついたので、それで話を進めていきましょう。

シナリオを書く時、一番考慮しなければいけないのは「視聴者を戸惑わせないこと」です。
視聴者の頭脳には、映像が上映されていく順番で、情報がインプットされていきます。
そのため、順番を間違えると混乱してしまいやすい。
そうした混乱を起こさずに情報を伝えることが一番大切なことです。

で、思いついたのは「家を紹介する」というたとえ話です。
とりあえずあなた自身の商品やサービスは頭の中から消し去って、あなたは不動産業者で家を紹介する映像を制作しているのだ、と思ってください。

家を紹介する順番

家を紹介する時、あなたならどこから始めますか?

「この家の中心は1階のリビングダイニングキッチン(LDK)です。ここが家の中心で一番大切な空間なので、LDKから紹介をはじめます」
という人はおそらくいないでしょう。

そんなことをしたら、どんな家だか見当もつかないのに視聴者いきなりLDKを見せられることになってしまいます。

おそらく、ほとんどの人がまず家の外観を見せようと思うでしょう。
外観を見れば、どんな家かがわかりますし、その家が魅力的かどうかはまず外観に出るはずですから。

それで、外観を見せたあと、すぐLDKを見せるでしょうか?
たぶん、そうはしないでしょうね。

外観を見せたら、次に見せるのは玄関ではないでしょうか。
訪問者の視線というか、外から中に入っていくのは当然ですよね。

玄関のあと、LDKまで廊下があったとして、そこを次に見せるかどうかは意見が分かれるところじゃないかと思います。
ある人は玄関を入ると、廊下は省略して、一番大事なLDKに行くかもしれません。
また別の人だと、律儀に、玄関を入り、廊下を通って、LDKに至る導線をていねいに描写するかもしれません。

でも、おそらく次に見せるのは、この家の一番大事な空間であるLDKではないでしょうか。

そう。その「順番」が大事です。

映像は見せる順番が大切

私が映像を作る立場として、いつも一番大事にしているのは「見せる順番」です。

どの映像の次にどの映像を見せたら、一番理解しやすいか。違和感なく受け取ってもらえるか。不自然さを感じさせないか。
いつも、そんなことを考えながらシナリオを作ります。

よく、素人さんの撮ったビデオに欠けていると指摘される映像。
それは「外観、その場を広く撮った映像(ロングショット)、状況をあらわす映像」です。

たとえばイベントを撮っているのに、ステージばっかり撮っていて、どこでやっているイベントなのか、周りの観客はどんな反応を示しているのか、さっぱりわからないビデオ。

イベントであれば、まず会場の外観を見せたほうがいいでしょう。
大きなコンベンションセンター? ホテルの大宴会場? ショッピングセンターのイベント広場? どんな会場でやっているのか。

イベントの看板を見せれば、それがどんな種類のイベントであるのかがわかります。
国際的な見本市なのか、業界の展示会なのか、プライベートショーなのか。

入場していく来場客を見せれば、どれくらいの賑わいなのかがわかるでしょう。

こうして順番よく映像を見せていけば、補足説明が何もなくてもわかりやすい記録映像が作れます。

商品を見せる順番

家とイベントのたとえで話をしましたが、では商品の場合どういう順番で見せていくのがよいのでしょうか?

これは商品の性質にもよるので一概に言えないところがあります。

しかし、多くの場合「外(外観・使用シーン・結果)から中(機能・構造・原理)へ」です。

まず、外観を見せ、それを使っているところを見せるといいのじゃないでしょうか。
それで視聴者はどんな商品なのか理解できます。
使っているところを見せると、その商品を使ったことによる結果(効果)も理解できます。

そこまで、細かい機能や構造の話などには触れず、外回りの映像だけで見せていったほうが理解しやすいです。

そして、視聴者が理解できたな、と思うタイミングで、中へと進む。
つまり、機能の詳細であるとか、どういう構造になっているのかとか、どういう原理で効果を発揮しているのか、ということを見せていきます。

反対だとわかりにくくなってしまうのは、家のたとえと同じですよね。

次項「映像の『まとまり』」に続く